スポンサード リンク

呼鳥門

呼鳥門を少し手前からみた遠景です。見ての通り道路は現在呼鳥門につながっていません。崩壊の危険を避けるためです。

現在はこのような石碑や案内板など観光地化されたものが置かれています。いいような悪いような?

案内板の向こうは立ち入り禁止です。

大きさは、高さが約15m、幅約30mあります。太古の昔から長い年月をかけて風と波の浸食作用によりくり抜かれてできた洞穴です。越前海岸を代表する景勝地のひとつとなっています。 第37代福井県知事・羽根盛一氏が「渡り鳥を呼ぶ門」ということで「呼鳥門」と命名されたそうです。この洞穴は、平成14年3月まで国道305号線の天然トンネルとして利用されてきましたが、安全のため新たにその脇にトンネルが作られ、現在は呼鳥門の下は通行禁止となっています。

呼鳥門の横に巨大な塔がたっています。福井県出身の五木ひろしの歌う「越前有情」の歌詞が彫られていて、どこからか歌声が聞こえてきます。

Copyright (C) 2007 カニと越前海岸. All Rights Reserved.